横須賀市長坂 沢山池

 
 
 横須賀市長坂3・5丁目「沢山池の里山」では復田が進んでいます。沢山池に自生しているヤナギ林とヨシ・オギの湿地、谷戸を流れる小川、竹やぶや湿地の草原と奥の照葉樹林など、沢山池の里山は多様な自然環境が保たれています。神奈川県の絶滅危惧種に指定されているトンボ、サラサヤンマを2020年5月30日に確認しました。サラサヤンマは湿地の枯れ草の下の水たまりで成虫になるまで2年以上をこの湿地のみずたまりで生活しています。また、神奈川県では数カ所でしか生息が確認されていない、絶滅危惧種のチョウ、コムラサキが2017年7月に撮影されたところです。コムラサキの幼虫はヤナギの葉を食べて育ちます。またやって来るのを待っています。ヤナギ林と湿地を今のままで残しておきたいです。2020年6月に湿地のヨシに珍しいナキイナゴを確認しました。神奈川県では見かけることが少なくなった希少種、イネカメムシ、ハネナガイナゴ、ケラ、ヒサゴクサキリなども見られます。昆虫・植物などの自然観察ができ、水の力で川の流れが変わっていく様子を観察できて「流れる川のはたらき」を学ぶこともできます。自然の中で遊びながらいろんな体験ができるところです。
 
 6年間沢山池の里山で撮影した主な昆虫140種を紹介します。三浦半島昆虫研究会の会員より貴重な写真を提供していただいています。
 
 また、植物について学びながらHPに載せてみました。


「調査のための許可を受けているとき以外は、動植物の採集が禁止されています」
横須賀市環境共生課

バッタ 
カメムシ
 
チョウ
 
トンボ 
カマキリ
 
コウチュウ 
ハチ・ハエ 
その他

見たい目(種類)をクリックしてください
 
 
 沢山池で見られる植物
環境省絶滅危惧種ツルギキョウが出現9/5
神奈川県では、横須賀で数カ所しか見られない希少種

林の奥の湿地にツリフネソウの群生 秋が楽しみです


 
 生態系に影響を及ぼすおそれのある外来種・植物

 
 両生類、は虫類などの生き物  
(メール)